高級住宅の夜

東京で核家族向けの高級注文住宅を建てる場合の基本

灰色の屋根の住宅

住宅メーカーの標準的な建築プランは4人向けなので、核家族には広すぎるという問題があります。また高所得の人が多い東京では、コンパクトサイズでも設計にこだわった高級注文住宅への需要が旺盛です。特に夫婦だけの世帯が設計と施工を専門業者へ依頼するときには、主寝室と居間が広い2LDKのプランを選ぶことが多いです。
コンパクトなプランは掃除や維持管理も楽であり、コストパフォーマンスを重視している富裕層にも好評です。メンテナンスのコストを重視する一方で、東京で高級注文住宅を建てる人は、オーダーメイドの家具にもこだわっています。高級注文住宅を建築する業者に家具の製作も依頼すると、統一感のあるお洒落なインテリアが実現できます。建物に加えて家具もオーダーメイドにすると、住まいの完成までに1年以上の時間が必要になります。
しかし快適に永住できる家が完成するので、東京で時間をかけて家を建てた人たちの満足度は大きいです。そして核家族の世帯が家を建てるときには、趣味が楽しめるスペースの充実にこだわるのが一般的です。ホームシアターとしても使える地下室があるプランや、収容台数が多いガレージのある高級注文住宅はとりわけ評判です。

CONTENTS

TOP